「お生憎さま」

「お生憎さま」

かなり久しぶりの更新になってしまいました。
この小説自体は六月頃に書いていたものです。
あまりにも更新するものがなかったので手直し、改題をして公開することにしました。

さて、おそらくこれが今年最後の更新になると思います。
来年こそはもっと更新したく思います。
それでは良いお年を。