先生の師匠の用務員が先生と煙るところを目撃した

 先生の師匠の用務員が先生と煙るところを目撃した。
「あー……」
 さてさて、これは弱点を握った、と言えるのでしょうか。それとも、ただ徒に私の心がかき乱されてしまうだけ?
 先生はすらっとした体をパンツスーツに包んで、足元を見ると黒いいつもの室内履きで、それは実は中に傾斜のついた、通販で買えるもので、足が長く見え、むくみを減らし、足首を細くすると謳われているのだった。その先生の漆黒の信念は、今や渡り廊下から外れた中庭の隅の赤土に触れ、先が茶色に薄汚れていた。先生の清廉潔白らしい確固たる信念は少しばかり悪に傾いてしまったようだった。
 仲良さげに、軽口を叩きながら四十がらみの作業着の用務員と話す、年齢不詳のクールビューティー、私の先生。先生、警告します、そんな男と話したら先生のグラマラスなデキる女風カールが崩れてしまいます、今すぐそんな男からは離れなさい。でないと、ほら、危ない。
「ああー……」
 ついに先生は下品な口調で下品なことを言いだしてしまった。私は困惑する他ない、けれど落胆はしなかった。私は先生の作る上辺に騙されていやしない。
 兎にも角にも、先生をあの男からひっぺがしてやるほか先生を救う手立てはない。けれど、この場でのこのこと出ていくわけにもゆかれない。それはなぜって、先生があんな無様な様子でいるのを、人に知られたとわかったら、きっと先生は自己嫌悪に陥ってしまうから。それはそれで見たいけれど、あまりにも可哀想だ。
 暫くすると、先生の持つ煙草はすっかり短くなっていた。新しいのは出すな出すな、と念ずる。それにしたって、現場は押さえられなかったとしても、匂いですぐにばれてしまうだろうに。先生は先生らしく頭が良いし、優等生らしく賢いのに、新妻のようにうっかりさんだ。少しばかり抜けている。
 先生の師匠であるところの用務員は軽く頭を下げてからどこかへ行ってしまった。残されたのは先生一人。私は落ち着いて十秒数える。いーち、にーい、
「先生!」
 フライング。先生はびくっと肩を揺らし、振り返った。ああー、ヤニ臭い。
「あ、え、えっと…………あら、どうしたの」
 慌てふためいて焦りを隠せない先生、キャラがぶれぶれです。
「先生にプリントを出そうと思って探してたんですよ。見つかってよかったです。でも、どうしてこんな所に?」
 さて、先生の知的美人な回答とは。
「え? ああ、えーっと……草を見ていたのよ」
「草ですか?」
 私は思わず吹き出しそうになったのを、必死で堪える。草って、先生。それはあんまりでは。
「そう、草。……いいわよね、癒されて」
「はあ」
 素敵なハスキーボイスでそう言われましても。まあ、さっきまで先生が楽しんでいたのは葉っぱに違いはないけれど。
 先生の目指すよくわからない「私」像が、これ以上目の当てられないものになってしまう前に、私が何とかしなければ。こんな先生の残念な姿、知っているのは私だけなのだから。
 弱点を握ったからには強気でいく。どうやら、ことはいい方向に進んでいるみたい。先生に拒否権は与えられてはいないのだ。
「今から、コーヒーでもどうですか」
 そうしたら、少しは匂いが誤魔化せるでしょう。